日本の瓦屋根

夏は涼しく、冬は暖かく。
日本の気候と風土が培った「日本瓦」。

日本瓦は丈夫で長持ち、100年の耐久性があります。
適切なメンテナンスをすることで、その長所を最大限に引き出せます。

瓦屋根の長所

瓦の長所はなんといっても丈夫で長持ち。粘土瓦(焼瓦)は長期にわたり、経年変化、劣化による色落ちがほとんどありません。よって、塗装されている屋根材と違い、塗り替えのメンテナンスは必要ありません。
また、瓦は耐久性をはじめ、通気、防音、防露、防火など、あらゆる価値を付加し、優れた断熱性により光熱費の節約の手助けにもなります。

  • 丈夫で長持ち、100年の耐久性があります。
  • 日本家屋の景観を保ち、屋根を美しく輝かせます。
  • 夏は涼しく、冬は暖かい、暑さ寒さを遮ってくれる断熱性があります。
  • 不燃材としての防火性、酸性雨にも強く、防音・防露・通気性にも優れています。
  • 建物に合う様々な形状、外壁とマッチしたコーディネートができます。

瓦屋根のメンテナンス

瓦屋根に必要なメンテンナンスとは

このように、メンテナンスの必要がほとんどなさそうな瓦屋根ですが、場合によっては経年による漆喰の脱落や、屋根の頂上にある棟瓦の積みなおしが必要になります。
(棟瓦の泥が長年の風雨や地震などにより少しづつ流れ出るためです)
それも20年に一度程度で、費用も他の屋根の塗り替えに比べてもとても安価です。

※通常のコロニアルやカラーベストの場合、およそ10年で再塗装が必要になり、諸経費もかさみます。周期的なメンテナンス代がかかることも念頭におく必要があります。

点検の概念

レイクタウンハウスは、【予防保全】という考え方でお客様の大切な資産、住まいの価値を守ります。
屋根の点検は、人間の健康診断と同じように大きな不具合を未然に防ぐ唯一の作業です。
「まだまだ、大丈夫」と思っても、プロからみれば、
「今直せば安くすむのにな・・・」と思うことばかり。
私たちの点検は「無料」です。
「点検して、まず予防を!」
小さなメンテナンスの積み重ねは、確実にあなたの大切な住まいの寿命を長くします。

屋根屋が作った屋根専用漆喰
「アズ彩しっくい」

レイクタウンハウスでは、屋根の野地板(のじいた)、下葺き材などの下地や、棟部のしっくい等の点検も承っております。

屋根専用に開発された「アズ彩しっくい」で、瓦屋根の修繕・メンテナンスもお任せください。

施工事例

施工事例 実績
施工事例 実績